ミニ講義

Photo 今日は午前中、均整センターで静岡のS先生が特別にミニ講義をしてくださいました。

アナトミー・トレンと言って筋肉の連結についての講義です。

人の身体はいろんなところが関連しています。それが体内で遠く離れているところと関連しているのは本当に不思議です。が、筋連結の原理から見ると納得がいくんですね。

均整法は遠隔操作が特徴のひとつになっていますが、その効果が証明されていい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロコモティブ症候群

昨日の研修会ではロコモティブ症候群について学びました。

ロコモティブ症候群(運動器症候群)とは、高齢者に多く見られ、骨、関節、筋肉などが衰えることで運動器障害が起こり、要介護の状態や要介護リスクの高い状態になることです。

 

日本人の平均寿命は世界的にもトップに入っていますが、実態を知ってびっくりしました。

女性の寿命平均年齢は86歳くらいですが、寝たきりになる平均年数は12.6年。男性は80歳くらいで9.13年とか。ほぼ70代前半で寝たきりになると言うことですね。一昔前の実質的な平均寿命とほぼ同じと言うことです。ただ数字的に長生きになっていると言うだけで、残念ながらピンピンコロリどころではなく、人の手を借りずにしては生きていけない年数が10年くらいあると言うこと。

40歳以上では年に1%づつ筋肉量が減っていくそうです。それをなんとか日常的な運動で食い止め、本当に質のいい寿命を全うしたいものですね。つくづく運動の必要性を感じました。講義をされた獨協医科大学、十文字女子大学、荻窪胃腸クリニック名誉教授であられる御年74歳の森先生も、毎日運動を欠かせないそうです。

 

運動の効用として、⑴血糖を下げる ⑵体重を減らす ⑶心臓や肺の働きを強化する ⑷血圧を下げる ⑸足腰・下肢の筋力を強くして老化を予防 ⑹血液の循環をよくする ⑺ストレス解消など気分転換の効果

と枚挙にいとまがありません。

 

と言うことで若いうちから運動をする習慣をつけたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナトミー・トレイン

今日は身体均整法学園研修センターの営業は午前中のみで、午後から柴田先生によるアナトミー・トレイン(筋連結)の講義を行いました。

この春、学園を卒業されたフレッシュな均整師を対象とした講義で、この中から来月から研修センターのメンバーになる方もいらっしゃいます。

来月からは研修センターの営業日が一日増え、月曜日に加え水曜日もオープンすることになります。こちらもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「寝不足だと肥満になる」説

友人がいつ発刊のものか分からないけど、R25の切り抜きをくれました。

そこには「寝不足だと肥満になる」説を科学的に読み解けば…と言う記事が載っています。
それには、
「睡眠時間が短くなると、摂食抑制ホルモンの分泌が減少し、その結果空腹感が生じて、食べる量が増えてしまいます。寝不足により身体の深部体温が低下して基礎代謝が落ち、また疲労感が高まり運動不足になる傾向も。これらの複合的な要因が考えられます」

と書かれています。肥満の割合が低いのは7時間睡眠だそうです。

仕事が忙しくて帰宅が深夜近く。そこから食事して寝て…だから太ると言うことだけでもないみたいです。もちろん夜遅い食事は肥満の一番の原因ではあるのですが…。

皆さん、頑張って7時間寝ましょう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ接種

今日、インフルエンザの予防接種をしました。

ちょうど今頃受けるのがいいのだそうです。注射で抗体ができるまでに1か月かかると言うことです。だからもし、明日感染したら、残念ながらインフルエンザの症状が出てしまうということになりますね。

よく注射をしたのにインフルエンザにかかってしまった…と言う人がいますが、もしかしたら抗体ができる前だったのかもしれません。

一番いいのは1か月後にもう一度注射を受けることだそうです。

が、保険がきかず、1本4千円するとなると…ちょっとお小遣いが大変ですね。

なんとか少しでも保険が効けば、かえって保険料の節約になると思うのですが、どうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢方セミナー

この5月から漢方を飲み始めました。

昨年は丁度7の倍数の年齢になり、どこぞのCMの言うとおり、なんか身体が変わってきているかなぁ~?と実感したもので…。

さて、その漢方外来のクリニックはとてもユニークで、西洋医学と東洋医学のいいところを複合的に捉え、身体を診ていこうと言うスタンスなんです。そして不定期的ではあるけれど、漢方セミナーを無料で開いてくれるのです。希望者は、そこの患者さんでなくても申し込めば参加することが出来ます。

私の仕事を知った主治医の先生が、「是非どうぞ」と声を掛けてくださいました。そして今回で2度めの受講となりました。一般の人にも分かりやすく、漢方の概念を1時間スライドで講義し、そのあとは15分くらいの質疑応答。時間的にも負担にならずに気楽に受けられます。

何度も漢方の講義は受けてきていますが、また違った角度で話を聞くことが出来、とてもいい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震酔い

二週間前の大地震から何度も余震があり、そのうち自分が揺れているのか地面が揺れているのかわからなくなってきました。そういう感覚にとらわれている人が私の周りにも結構いらっしゃいます。

たまたま見た今朝のTVで、「地震酔い」と言うのが取り上げられていました。なんとあれから震度5の揺れが347回以上、659回以上、73回以上あったそうです(たぶん東北での数値なんでしょうけど…)。余震で自分が揺れているような気がして、気持ちが悪くなる人が増えているそうです。下船病と言って、長く船に乗っていた人が船から降りてもずーっと揺れているような感覚に陥る症状と似ているとのこと。

改善策は身体を動かすことだそうです。この症状はじっとしているときに出るそうで、ストレスからもくるそうなので、軽いストレッチが有効なんだそうです。

身体を動かしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

均整金の卵センター

本日、池袋にある均整法学園で毎週行われている「金の卵」研修センターに参加してまいりました。

「金の卵」とは、均整法学園を卒業されたばかりの初々しい均整師の先生方が、お客様に施術する場を提供しているのですが、リピーターの方がすでに何人かいらっしゃって、ご自分の身体の変化を体験されているそうです。

すばらしい~!
たのもしい限りです。

私も恥ずかしくないよう、指導員として頑張らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレスと腰痛

昨夜のNHKで腰痛のことが取り上げられていましたね。
腰痛が心理的なストレスとも関係している言う研究結果も出たそうです。

腰痛の問題だけでなくストレスはなるべく感じないようにしたいものですが、やはり「歩く」ことはストレスを軽減させるために有効なようです。全身に血が巡ると、頭に血流が偏らなくてリラックスできるからだそうですが、本当に歩くってすごい効果があるんですよね。

歩くなど、ちょっとした運動で今ある不定愁訴も解消できる方が結構いらっしゃるように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「疲れやすい」人に

『「疲れやすい」が治る本 ダル~イからだが軽くなる』(鴨下一郎著)を読みました。

簡単にサラッと読める本です。

均整法学園でも栄養学を学びますが、この本の中にもインスタント食品の中にはリンが多く含まれており、このリンは体内の鉄の吸収を悪くすると言うことが書かれておりました。

普段から貧血気味の人は、きょくろくインスタント食品を控えることが必要なんですね。

疲れやすい…と訴える方が多い昨今。

ちょっとしたことに気をつける…これがなかなか忙しい日常生活では難しいのですが、実はこれに勝る健康管理はないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧